ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

トップページ>ゴルフの打ち方>ウエッジの打ち方>ロブショットの打ち方

ロブショットの打ち方

ロブショットとなるとゴルフ初心者にとっては非常に難しい技術

lobshot.jpgロブショットとなるとゴルフ初心者にとっては非常に難しい技術になると思いますが、使えるにこしたことがないのでちょっと解説しておきます。そもそもロブショットを打つ必要がある場合の条件としては、エッジからピンまでの距離が近くてピンまでの間に障害物がある場合に使用します。転がしで攻めることができればわざわざロブショットを打つ必要はありません。ミスショットの確率も多くなりますからね。

ロブショットには2種類あります。ボールが沈んでいる場合と球が浮いている場合です。まずは沈んでいる球をロブショットする場合は、ちょっとダフリ気味に打ちます。バンカーショットと同じ感覚で打ちます。体重は左足よりに構え、エクスプロージョン気味に打つと言うことです。このロブショットで注意することは、ひざを使いすぎない、体重移動をしないこと。コックを早めに使うことによって上から打つ体制を取る必要がある。あとはおもいっきり振り抜くことが肝心。

次にボールが浮いているときのロブショットの打ち方は、ソフトに打つイメージ。オープンスタンスで打つのは同じ。コックをあまり使わないで大きくゆったり打って上げること。先ほどの沈んだ球のロブショットの打ち方と違う点は、オープンスタンス通りにクラブヘッドを出すのではなく、ピンの方向に出してあげること。するとボールがクラブフェースにのった感じでボールを運ぶことができる。さらにスピンの効いたショットが打てるのでボールを止めやすくなる。

ちょっとゴルフ初心者には難しいかもしれないが、練習場で遊び感覚で練習すると楽しくできると思います。飛距離の出ない人はロブショットをマスターして、みんなを驚かせて下さい。


カテゴリ:

PageTop へ