ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

トップページ>ゴルフの打ち方>パターの打ち方>パターの打ち方 手首の感覚で打たない

パターの打ち方 手首の感覚で打たない

初心者にわかりやすいパターの打ち方を説明します。

putter01.jpgパターの打ち方は人それぞれありますが、ゴルフ初心者に取っては肩肘手首を固定した打ち方がいいと思います。青木功プロのようなパターの打ち方は難しいと思いますので手首の感覚で距離感を調整しない方がミスが少なくなります。

では初心者にわかりやすいパターの打ち方を説明します。肩・腕・手首・パターを一体化させます。そしてパターを動かすには肩の動きで動かすようにします。すると肩の動きを変えることによって、パターの距離感を調節できるので大きくずれることが少なくなります。

パターの打ち方で注意して欲しいことは、足(下半身)を動かさないこと。下半身を使うと動きが大きくなりすぎ距離を調整しづらくなります。ロボットのようにパターが打てれば最高です。あとはパターを練習して振り幅をどれぐらいにすればどれぐらいボールが転がるか感覚をつかんでいけばいいでしょう。

ゴルフ練習場もパター練習場があるところを利用して日頃からパターもしっかり練習するようにしましょう。


カテゴリ:

PageTop へ