ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

トップページ>ゴルフの打ち方>パターの打ち方>グリーエッジのパッティングの打ち方

グリーエッジのパッティングの打ち方

グリーエッジのパッティングの打ち方は、2つ打ち方があります。

002.jpgグリーンオンしたと喜んでグリーに上がってみると、グリーンエッジギリギリに止まっていることがあります。このとき芝が邪魔してバックスイングができないことがありますよね。こんなグリーエッジのパッティングの打ち方は、2つ打ち方があります。まず一つ目は、左足に体重をのせてアドレスします。左足重心にすると、芝に触れないように鋭角的にテイクバックがとれダウンスイングでボールをヒットすることができます。このパットの打ち方の欠点としては、鋭角にボールをヒットするのでボールの回転が悪くなり少しボールが転がりにくくなります。

もう一つの打ち方としては、芝の高さに合わせてストロークして少しトップ気味に打つ方法があります。この打ち方だとボールに順回転を与えることができます。この2つの方法を試してみて自分に合う方法を選択すると良いでしょう。


カテゴリ:

PageTop へ