ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

トップページ>ゴルフの打ち方>パターの打ち方>ラウンド前のパター練習法

ラウンド前のパター練習法

その日のタッチの感覚や距離感をわかっていた方がパットがうまく行く。

010.jpgラウンド前にショットの練習はしなくても、パターの練習はした方がいい。パターは感覚が大事なので、その日のタッチの感覚や距離感をわかっていた方がパットがうまく行く。

意外とパットのミスで多いのがダフリ。パットでダフルなんて思われるかもしれないが、心当たりのある人は多いはず。ダフるとボールの回転や距離が大きく狂います。そんなパットのダフりを改善する練習法があります。用意するものはティペグ。

ティペグをグリーンに刺し、ティペグとカップを結んだ線上に、ティペグ1センチ以内にボールを置きます。このとき注意する点は、ティペグの頭を地面から少し出していくことです。このティペグを意識することでダフりを改善することができます。


カテゴリ:

PageTop へ