ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

トップページ>ゴルフの打ち方>スパットを見つけてアドレスをとる

スパットを見つけてアドレスをとる

右に飛んでいく人はもしかしたらアドレスが間違っているかもしれません。

ショートアイアンは比較的ボールをつかまえやすいクラブです。ですからロングアイアンは打てないが、ショートアイアンは打てる人多いはずです。なのにショートアイアンが苦手、どうしても右に飛んでしまうなんてい人いませんか?

クラブの先でボールをヒットし右に飛んでいく人はもしかしたらアドレスが間違っているかもしれません。ピンの方向に向かってアドレスしているつもりでも初心者は意外と右を向いていたりします。アドレス自体は右を向いているにもかかわらず頭ではピンの方向に打とうとします。すると体は開きクラブの先でボールを打ってしまいます。結果思ったようにボールをコントロールすることができません。

スイング自体は悪くないのにアドレスの取り方が悪いためにミスショットをしてしまうなんてもったいないですよね。やはりアドレスは自分の感覚だけどとらないで、きちんと目標になるスパットを見つけそのスパットを目印にアドレスをとるクセをつけましょう。

どうしても方向が定まらないときは第三者にお願いして後方から確認してもらうのも一つの方法です。このアドレスの取り方は、プロでもやっています。ゴルフ初心者の人はやらなくて上手く打てるはずがありませんよね。


カテゴリ:

PageTop へ