ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

トップページ>ゴルフの打ち方>パターのアドレスのとり方

パターのアドレスのとり方

パターのアドレスのとり方でよく言われるのが、目印(ターゲット)を見つけること。

002.jpgパターのアドレスのとり方でよく言われるのが、目印(ターゲット)を見つけること。自分の打ちたい方向とボールを一直線上に結び、その線上にターゲットを見つけるとパターのアドレスが正しくとりやすくなります。ボールの後方から見るとターゲットが発見しやすいので必ず後方からラインを確認するようにしましょう。

ここでターゲット(目印)を決める際に注意したい点があります。それはボールの近くにターゲット(目標)を見つけること。理由はパターのアドレスをとった時に視界からターゲットが外れていると、頭が動き方向がずれてしまうからです。目印がアドレスしたときに視界内にあれば頭をそんなに動かさなくても目標に合わせることができます。

結果的に正しいパターのアドレスをとることができます。あとはターゲットにボールを通してやれば狙い通りにボールは転がっていきます。


カテゴリ:

PageTop へ