ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

アイアンの打ち方

アイアンはゴルフの基本中の基本です。アイアンがしっかり番手ごとに打ち分けることができればシングルも夢ではありません。まずはアイアンの打ち方をマスターしてゴルフの基礎を固めましょう。

フェアウェイバンカーの打ち方
ドライバーでナイスショットしても、フェアウェイバンカーに入ったらガッカリしますよね。バンカーに入らないように、ティーショットを打たないといけないのですか、どうしても入ってしまうことはあります。フェアウェイバンカーに入ったときあなたはどうしていますか?バンカーから出すだけのショットとしていませんか?それではスコアはよくなりません。 タイガーウッズのようにスーパーショットを打てとは言いませんが、アイア・・・(続く)
8番アイアンはワンピンに寄せたいクラブ
ゴルフはどのクラブも大切な役割をするが、中でも8番アイアンは使用頻度が高いクラブではないでしょうか。8Iでしっかりと距離を合わせることができれば、たとえミスショットをしてリカバリーでフェアウェイに一回出したとしてもパーが拾いやすくなる。普通にフェアウェイからのショットだとバーディーが狙いやすくなる。 そんな8番アイアンを打つポイントは、おもいっきり振り切るよりはコンパクトなスイングでしっかりとボー・・・(続く)
つま先上がりのショットの打ち方
通常の前上がりのショットの場合、ボールは右に飛んでいきます。9番アイアンなどを持ってみるとフェイス面の向きでわかると思います。だからセオリーではピンの右を狙って自然と左にボールが飛んでいくのを計算してショットを打ちます。そして上手くグリーンに乗ればOKという感じで打ちます。 しかしプロの場合は、ピンを狙っていかないといけないのでちょっとしたテクニックを使います。まずオープンスタンスでアドレスをとり・・・(続く)
ディボットでの打ち方
ナイスショットフェアウェイど真ん中だーって大喜びでボールの落下地点に行ってみると、ディボットにはまっていたりした経験無いですか?通常はフェアウェイに打てばほとんどがいい状態でセカンドショットを打つことができます。しかしディボットに入っていたらそうはいきません。さらにターフがとれたあとに砂を入れていない状態だと最悪です。 そこでそんなディボットにボールが入ったときの打ち方を説明します。ディボットの状・・・(続く)
インテンショナルショットの打ち方
プロの魅力は豪快なショット。しかしほかにもゴルフ初心者をあっと言わせるテクニックがあります。それはインテンショナルショット。インテンショナルショットはピンチの時にチャンスに変えることの出来るショットです。この能力が非常に高い人が世界のトッププレイヤーになる条件ではないかと私は思います。 では、ゴルフ初心者がインテンショナルショットを必要とするのかということになりますが、100切る程度なら全く必要あ・・・(続く)
打ち上げショットの打ち方
ゴルフ場は造りからいって平らな場所は無いですよね。あるとしたらティーグランドぐらいです。だから打ち上げなど傾斜からアイアンを打つ場合があります。この傾斜から打ち上げショットを打つ場合どうすればいいのか。 残り距離通りに合わせたクラブ選択をすると当然ショートします。ゴルフボールを打つと放物線を描いて飛んでいきます。ですから狙ったグリーンが通常より高い位置にあれば通常の距離より短くなってしまいます。 ・・・(続く)
PageTop へ