ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

トップページ>ゴルフの打ち方>フェアウェイウッドの打ち方>フェアウェイウッドの打ち方

フェアウェイウッドの打ち方

フェアウェイウッドは実はやさしいゴルフクラブなのです。

fairwaywood.jpgフェアウェイウッドは実はやさしいゴルフクラブなのです。フェアウェイウッドがなぜやさしいかというと、ソールの幅が広いからダフってもクラブが芝に刺さらない。ドライバーに比べてロフトがあり、シャフトも短いのでスイングしやすくボールを上げやすくなっているからです。でもフェアウェイウッドが苦手な人も多いのも現実。

ではどうしてフェアウェイウッドが苦手なのかその理由は・・・ボールを飛ばそうとするからです。ゴルフは力加減で飛距離を変えるのではなく、ゴルフクラブの番手で飛距離を変えるのです。そしてフェアウェイウッドは飛ぶクラブなので、無理に飛ばそうとしないでいつものリズムとテンポで打てば普通に飛距離は出るゴルフクラブなのです。

ロングアイアンは、重心が浅いためボールを上げにくいが、フェアウェイウッドは重心が深く、低いためボールが上げやすくなっています。スウィートエリアも広くミスショットしにくいつくりになっています。

では、フェアウェイウッドの打ち方はどのように打てばいいのか?よく言われるのが横から払うように打てばいいと言われます。確かにそれでもいいのですが無理に横から払おうとするとトップする原因になります。それよりはソール幅が広いことを利用してダウンブローに打った方が安定してボールをとらえることができます。

フェアウェイウッドはアイアンと違ってソールが広いので多少ダフってもヘッドが滑りボールをとらえてくれます。結果高い弾道のボールが打ち出され飛距離も稼ぐことができます。ロングアイアンが苦手、ロングホールのセカンドにもっと飛距離が欲しい人はフェアウェイウッドを武器にするとゴルフがやさしくなりますよ。


カテゴリ:

PageTop へ