ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

トップページ>ゴルフの打ち方>ドライバーの打ち方 アッパーブローに打つ

ドライバーの打ち方 アッパーブローに打つ

アッパーブローに打つ

upperblow.jpgドライバーとなるとみんながみんな飛ばしたいと思っています。当たり前ですけどね。ゴルフボールを遠くへ飛ばすには、スピンのきいた低いライナーボールを打つよりある程度高さのある放物線を描いたボールを打つと飛距離が稼げます。その放物線を描いた高い球を打つにはアッパーブローに打つしかない。

その点ドライバーショットは、ティーアップできるのでアッパーブローに打つのは比較的簡単に打つことができます。アッパーブローとは何かというと、クラブヘッドが最下点を通過した直後にボールをヒットするインパクトすることです。クラブヘッドがしたから上へ上がるときにボールをとらえるので、高弾道になると言うことです。

ではドライバーで高い球を打つ注意点をあげます。

    • ボールの位置は左足かかと線上におく。ボールをかかと線上におくことでアッパーブローに打ちやすくします。

  • 目標を高い位置に設定します。イメージすると言うことです。なぜか人間はイメージしたようになります。ですからドライバーを打つ前に、自分がボールを打ち出したい高さに視線を合わせることによって自然とアッパーブローに打ち高い弾道が打てるのです。

ドライバーの飛距離のでない人は、ボールの高さがたりない場合があるのでこの注意点を意識して練習してみて下さい。


カテゴリ:

PageTop へ