ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

トップページ>ゴルフクラブの選び方>ウェッジの選び方>ウェッジの選びのポイントはフェース

ウェッジの選びのポイントはフェース

ウェッジ選びのポイントはフェースのつくり

ウェッジの選びのポイントはフェース

ウェッジ選びのポイントとしてフェースのつくりがあります。ピンに寄せることができる高機能のウェッジは誰もが欲しくなります。フェース面の高い平面精度、抜けのいいソール形状でどんなライからでも寄せていけるウェッジは魅力的です。そんなウェッジならフォーティーンがいいかもしれません。

フォーティーンのウェッジは高い安定性をもたらす新ブレード形状、逆テーパードブレードは興味をそそる形状になっています。通常のウェッジのブレードと違ってブレードのトップ部に行くに従って徐々に厚みが増してきます。今まではブレードの厚みはトップに行くに従ってやや薄くなっていました。つまり従来のウェッジはソールよりの加重になっています。

フォーティーンのウェッジは逆テーパードブレードにすることによって、重量をブレード部にも配分しています。これにより芝の抵抗を受けてもクラブの引っかかりを防ぐことができ、フェースのブレを抑えてくれ、距離感、方向性、スピン量を安定させピンに寄るアプローチショットが打てるという。

ウェッジはゴルフでも大切なクラブの一つ。アプローチがイマイチしっくりこない人は、フォーティーンのウェッジ研究してみてもいいかもしれませんね。


カテゴリ:

PageTop へ