ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

トップページ>ゴルフクラブの選び方>ウェッジの選び方>バンカーショット ライの違い

バンカーショット ライの違い

バンカーショットには大きく2種類のライの違いがあります。砂の上に軽くボールがのっている一般的なライとボールが砂に埋まっているライ(目玉)です。

012.jpgバンカーショットには大きく2種類のライの違いがあります。砂の上に軽くボールがのっている一般的なライとボールが砂に埋まっているライ(目玉)です。この一般的なライと目玉のライでの打ち方の違いは?

一般的なバンカーショットの打ち方は、エクスプロージョンショットとも言われボールを直接打たないで砂をかき出すように打ちます。クラブの入射角は緩くボールの回転数は多くなります。そのためボールがグリーン上で止まりやすくなります。

目玉のバンカーショットは、かき出す砂の量やボールの回転数が違います。クラブの入射角度は鋭くボールの回転は少ない。そのためグリーンのって転がりやすくなる。

ゴルフ初心者はバンカーショットを苦手としてる人が多いですが、ポイントをしっかり抑えればバンカーからの脱出はそれほど難しくありません。


カテゴリ:

PageTop へ