ゴルフは簡単そうで難しいスポーツ?

実は難しくしているだけで90ぐらいなら切れます。そんなゴルフ上達のヒント、ゴルフクラブの選び方などわかりやすくお伝えします。

家電,使い方,選び方

トップページ>ゴルフクラブの選び方>フェアウェイウッドの選び方>フェアウェイウッドの選び方の基礎

フェアウェイウッドの選び方の基礎

フェアウェイウッドは、フェアウェイ、地面から打つ為のクラブです。

フェアウェイウッドの選び方の基礎

フェアウェイウッドは、フェアウェイ、地面から打つ為のクラブです。形もウッドと同じ形をしていますのでフェアウェイウッドと呼ばれています。

フェアウェイウッドの呼び名は
3番ウッド(スプーン・3W)、
4番ウッド(バッフィー・4W)、
5番ウッド(クリーク・5W)、
7番ウッド、9番ウッド、11番ウッド(7W、9W、11W)(ショートウッドとも言われています)

という風に数字で分類されています。他のクラブと同じように数字が小さいほどロフト(フェース面の角度)が立っているので飛距離がでるような構造になっています。

最近はドライバーの進化とアイアンのストロングロフトの影響でウッドとアイアンの間の距離を埋める為に多くの種類が揃っています。

フェアウェイウッドを選ぶ際の基本としては、同じゴルフメーカーの同じブランドのフェアウェイウッドを選ぶといいでしょう。またシャフトもカーボンシャフトならカーボン、スチールシャフトならスチールと合わせた方がいいです。ヘッドの素材も合わせることをおすすめします。

そしてクラブヘッドの大きさも大きめのシャローフェイスを選んだ方が比較的簡単にボールを上げやすく、キャリーの距離もでるので安心して打てます。

フェアウェイウッドの選び方の基準に、プロのクラブセッティングを参考にするのもいいでしょう。特に女子プロは一般アマチュアにとって何かと参考にできる点が多いのでチェックしてみて下さい。


カテゴリ:

PageTop へ